技術情報1

システム設計/開発/保守

コンピュータリゼーションの波は人々の生活のあらゆる面に浸透しています。こうした今日的背景にあってユーザーニーズはますます多様化し、それにどう迅速かつフレキシブルに対応しうるかもシステムエンジニアの重要な責務です。

当社はなによりもユーザーを大切にし、万全のフォロー体制で対応してまいります。 当社のスタッフはハードウェアと各種の業務知識を熟知したスペシャリスト集団です。
プロフェッショナルとしてのその自負にたち、ユーザーのコンサルティング業務を兼ねることによってもっとも必要とされるシステムの提供を行います。

 

 要件定義

要件定義にて目的の認識がズレたまま開発が進むと下流工程に進むに従い、大きな認識違いが発生します。それらの問題を解決するために、豊富な業務知識と経験をもったスタッフが、そのシステムで何をしたいのか、なぜそのシステムが必要なのか、システムの目的(要求定義)に基づき分析、検討を行い、その実現のために実装しなければならない機能や性能などを明確にしていきます。また、現行システムの分析を行い、スムーズなデータ移行が行えるように効率のよいシステム設計が行える環境を作ります。

 設計

要件定義書を基に、システム・サブシステム機能概要・画面・帳票設計、データベース設計、外部システムとの連携設計、データ移行・運用設計を行います。

 開発(詳細設計・製造)












基本設計書を基に、決定された事項を画面単位、帳票単位、プログラム単位などより詳細に機能分割して詳細設計書の作成を行います。

詳細設計書を基に実際にプログラムをコーディングします。

 

 テスト

【システムテスト】各プログラムを統合し 画面遷移やデータの受け渡しなど 画面・プログラム・サブシステム間の連携が正しく行われているかどうかを確認します。具体的には業務フローを基に実際の業務を想定したテストシナリオを作成し最初のインプットから想定できる結果が正しくアウトプットされるか等の確認を行います。

【 総合テスト 】実際にユーザーの環境と同じか、それと同等の環境において行うテストで、主に処理速度や障害発生時の処理、実際の他システムと連携して正しく動作するかなどをテストします。

 

 

 運用・保守

システムの運用、保守を行うフェーズ。実際に新システムを使用していて不具合があった場合は速やかに修正を行ったり、新しい機能要求が挙がった場合には追加開発などを行ってシステムの保守を行ったりします。